商社の輸入セクションで働いていると海外の取引先とのメールや電話でのやり取りが日常的にあります。私の担当しているエリアの向こうの担当者と話している時に「随分と英語が上手くなったじゃない。何か努力をしているのね。」ってよく言われるようになりました。これってすごく嬉しいです。実際に自分でしゃべっていても前よりもスピードがほんの少しですが早くなったと感じていますし、何よりもスムーズに英語が出てくるようになりました。あとはイントネーションとかアクセントがメリハリがついたような感じもしています。これも30日間英語脳育成プログラム 効果をずっとやり続けているからでしょうね。
一回目を終えて、なるほど英語はこうやって勉強すればいいのかというようなヒラメキに近い感覚を得ました。リスニングだけやれば良いわけでもないし、文法だけでも駄目、単語だけ暗記しても駄目。それらをひとまとめにベースアップすることが英語の上達の近道かなと思い始めています。
最近では週末になるとTSUTAYAに行ってレンタルDVDをするのが前以上に楽しみになってきました。もちろん映画によって聴こえる聴こえないっていうのは未だにあるのですが、間違いなく以前より映像を楽しめるようになっています。つまり字幕をあまり見なくても台詞等が脳に入ってくるので、視覚は映像の方に集中できるという感じですね。うーん、映画って本当に素晴らしいですね。チャンチャン
英語を本気で勉強したいなと思わせてくれたのはバック・トゥ・ザ・フューチャーでしたが、私が大好きな俳優はブラッド・ピットです。彼の出演する映画はどれも見ています。最近リスニングのトレーニングも兼ねて特に繰り返し見ているのが「Mr.&MrsSmith」です。この映画はとにかく面白いです。奥さん役のアンジェリーナ・ジョリーとのやり取りは本当に面白可笑しくて何度見ても飽きないので私のリスニングのトレーニングにぴったり。「30日間英語脳育成プログラム」の初級編を一通りやり終えた後くらいから何度もこの映画を見ているのですが、結構英語耳が発達したかななんて思う事があります。

例えば、二人の住む家が爆破されてお隣さんの自家用車を拝借して高速道路をはしるという場面で二人がこれまでにお互いに対してついたウソを告白しあうのですが、二人の結婚式の時の両親はだれそれだったとか、実はバツイチだったとか・・・。英語を聴き取れるようになって改めて二人のやり取りが実に面白おかしいなって思いました。このシーンはかなり笑わせてくれます。そして、それらの英語を英語の語順でスラスラッと理解できていることに感動しました。30日間英語脳育成プログラム、効果あるじゃない!!と思いました。英語なんて独学で何とかなると私は思っていたのですが、「30日間英語脳育成プログラム」のような自分にあった教材と出会えて本当に良かったと思います。しっかり元が取れたと感じる今日この頃です!!


たった30日で英語脳を育成し友達に差をつける最新英語上達法
1.会話の背景を頭に入れる、2.文字を見ないで聴きディクテーション(文字おこし)する、3.テキストで会話で語られていたフレーズを文字で把握する、4.聞こえた順に文頭から意味をとらえる、5.テキストを見ながらもう一度リスニングをする、6.再びテキスト見ずに音声だけに集中する、7.テキストを見ながらネイティズスピーカーの発音を真似してみる、8.テキストを見ずにネイティブスピーカーの喋りを真似して発声してみる、という一連の8つのステップは、英語力を効果的に改善する上でどのステップも大切。
多くの人は2のところで苦戦しているようです。聴いた英文をそのまま文字として書きおこす際には聴き取れなかった部分を推測する為にどうしても文法の知識なども必要です。ですから、本当に英語が苦手で知識も伴わないという人は結構苦戦するはずです。でも、脳に記憶のとっかかりを残していくには一生懸命悩んだり考えたりする方が良いです。なので最初のうちは思った以上に時間をとられるかもしれませんが、そこは絶対に通らなくてはならない道だと思いますから頑張りましょう。30日間って書いてありますけど、普段から英語に多少なりとも触れている人でないと、そんなに早く効果を実感できるのか疑問です。でも聞き流すだけで英語がペラペラになるなんて正直あり得ないとは思いませんか?


たった30日で英語脳を育成し友達に差をつける最新英語上達法
色々な人の口コミ情報などを読んでみると「30日間とタイトルに書いてあるけど、とてもじゃないが30日間では自分の納得のいく効果は感じられなかった」みたいなコメントがいくつもありました。けれども、私自身は30日やってみてかなりの手ごたえを感じました。仕事上のコミュニケーションは勿論、雑談などでも相手のいっていることが以前よりも格段に理解できるようになりましたし、自分が話すときの英語のリズムやイントネーション、アクセントなどが随分と変わったと思います。
これは正直予想していなかった変化でした。同僚のアメリカ人も「君の英語は何だか随分とブラッシュアップされたね!!」と驚きながら褒めてくれました。「アメリカ人の彼氏でもできたでしょ?」なんて言われたくらいですから、かなり改善できたのかなと感激しています。
私はある意味背水の陣という気持ちで臨んだので「英語克服完全セット」を選びました。5万円も自己投資すれば、途中で放り出さずにできるんじゃないかという思いもありました。初級から始めて今3ヶ月目に入りましたが中級編に取り組み始めました。それまではずっと初級編を根気よく繰り返していました。何でも基礎練習って大切なんだなと再認識させられた2ヶ月でした。早く中級編を始めたいという衝動は何度もあったのですが、初級編が暗唱できるくらいまでやりこまないと駄目だという思いで2ヶ月間一生懸命取り組みました。


たった30日で英語脳を育成し友達に差をつける最新英語上達法
コツコツ頑張って英語を勉強していたこともあり、現在は日常的に英語を使う某商社の輸入セクションでお仕事をしています。希望していた英語を必要とする職場です。仕事はやりがいもあり充実しているのですが日々自分の英語力不足にへこむことがあります。仕事上では専門的で限られた語彙の中でのコミュニケーションが多いので割とスムーズに会話できるのですが、話の内容がひとたび仕事から離れると相手が何を言っているのか分からず、聞き直すか曖昧な合いの手をうつかということが多くなり、もっと相手のいっていることがきちんと理解できればいいのにと思っていました。

30日間英語脳育成プログラム」は元々趣味である映画鑑賞をもっと楽しめるようにとの思いもありましたが、仕事上での海外の取引先や海外の支社のネイティブスピーカー達との効果的なコミュニケーションスキル改善という目的もありました。勿論独学でリスニングのトレーニングを積んできたのですが、あれだけ時間をかけていた割には・・・という感じで勉強法自体に疑問を感じていたので「30日間英語脳育成プログラム」の理にかなった勉強の流れには始める前から納得させられましたし、実際にやってみた結果の感想としてかなりの効果を感じています。これまでの学習の蓄積のおかげもあるとは思いますが、とてもスムーズに勉強を進めることができました。


たった30日で英語脳を育成し友達に差をつける最新英語上達法
私が英語に興味を持ったのは映画バック・トゥ・ザ・フューチャーを初めて見たときでした。ワクワクドキドキの中にコミカルな所もあり、ロマンティックな所もありと本当に今でも大好きな映画です。当たり前ですが初めて見た時は日本語字幕でした。この映画を観終わった時に最初に思ったのは、マーティやドクが実際に劇中でしゃべっている言葉がそのまま分かったらもっと楽しいのではないだろうか、ということでした。

それからコツコツと英語の勉強を続けてきましたが、リスニングに関していえば、あと少しという所で越えられない壁があってフラストレーションを感じていました。文法的なことや色々な構文等は頭に入っていますが、映画を字幕なしでフルに楽しむという領域は見えてきませんでした。やっぱり何を言っているのか分からない所は多々ありますし、それが作品の中で重要な台詞だったりするとあとあとクライマックスの時に???みたいなことになることもしばしば。何とかこの壁を超えたいと独学でさらに英語学習を進めてきましたが、その効果に限界を感じ始めていました。そこで市販されている様々な英語教材の口コミや評価を頼りに英語教材を探していた所、官公庁などをはじめとして様々な法人の英語教育プログラムとして効果ありとのことで活用されているという「30日間英語脳育成プログラム」をみつけました。


たった30日で英語脳を育成し友達に差をつける最新英語上達法
外為ジャパン口コミ